忍者ブログ

犬追者

「犬夜叉」の奈落を好きな非公式ファンサイトです。公式様とは一切関係がありません。特に奈落と奈落家が好きです。でもオールキャラ好きです。最近の作品はピクシブにもあります。→https://www.pixiv.net/member.php?id=875509 ここではなんか恥ずかしくてピクシブに載せなかった漫画とかも載せていこうかなと思います(∩´∀`∩)

コナン映画

金曜ロードでやっていたゼロの…を見ました。
面白かったです!高木さんや目暮警部や白鳥さんが、えっそんな情報を喋っていいの・・・?って思いましたが、みんながついてるってのは心強かったですね。
風見さんがすごい受け受けしくて良かったです。
毛利一家は可哀想だったなあ。蘭ちゃん・・・不起訴になって良かったけど心配で精神ずたずただっただろうな・・・
安室さんもっといい方法なかったのって思った。
少年探偵団が活躍しててよかったです。

あと羽葉さんと日下部さんもいいですね。腐女子なのでこれからピクシブで漁ってきます。

拍手[0回]

PR

凪のお暇(1-5巻)

これもアマゾンさんがめっちゃ「これいいよ!いいから読みなよ!!」って表示してくるので、まあ確かにちょいちょい見かける漫画だし読んでみるか・・・でも以前広告見てむかついたんだよなあ・・・(一生懸命頑張ってる子を馬鹿にする描写で)

と思いつつ一巻読んで五巻まで一気に読みました。

なんだ・・・あの・・・酷い元彼が・・・私内心滅びろこの野郎って思ってたんですが。

私、男性の嫉妬が性癖なんですが(例:奈落とか市松くん)

どす黒い嫉妬出してくるなよ・・・かわいく思えるだろうが・・・

で、心機一転して入ったマンションの人たちと打ち解けていく様子に和んで。時々突撃する元彼にイラッときたり可愛く思えたり。

人付き合い苦手なの分かりすぎるので凪に共感したり、「貴方はお料理上手でいい子なんだからそんなに自分を責めなくていいんだよ!」って発破かけたくなったり、漫画の中で救いがあると「よかったねえ・・・」って思ったりで。

人付き合い苦手な人にはとてもいいと思います。

ゴンさんに関わった人がどうなったとしてもゴンさんはやっぱりいい人だと思う。凪さんに恐怖を与える元彼はやっぱり復縁できず延々と苦しんでほしい。(一方通行な重い愛好き)

拍手[0回]


ビースターズ13巻

読みました。今回も面白かった!
ルイ先輩渾身のギャグ良かったー
「自分は草食獣を守るという正義のために戦っていたんじゃなく草食獣にフェティシズムを感じる変態なんだ・・・!」って気づいて頭を抱えるレゴシに「何を今更。みんなそんなことは知っている。行動した結果が正義の行いならそれでいい」(多分こういうこと言ってた。あやふや)
みたいなことを話してとなりに腰掛けて肘でこっつんするところが、もう、先輩・・・!

貴方の足食べてて食肉の禁断症状も一時期出ていたレゴシくんを信用してる行いが、もう、先輩・・・!

この二人の繋がりが尊いというか青臭さとか眩しさとか感じます。
戦いの時に自分の中の先輩を感じるレゴシとか。

あっあとレゴシくんが、漫画の最初ではコミュニケーション取るの苦手っぽかった子が、みんなとちゃんとわいわい話してるしむしろコミュ力高いし成長してる・・・!ってしみじみしました。

優しい人には誠実に優しく接することができるし、いざとなれば悪人には牙を剥けるレゴシくん最強だなあ。かっこいいなあ。

セブンさんも八つ当たりした後、「あなたは悪くないのよ、当然ね」って言えて良かった。あのまま喧嘩で終わらないで良かった。

面白さが失速しないのでこの次も楽しみです!

巻末のおまけで原稿を執筆するスケジュールがあったけど一週間で二十ページかあ・・・すごいなあ・・・!
あ、週刊はみんなそうなのかな。でもやっぱり、改めて想像してみるとすごいですね。一週間で二十ページ。すごい。

拍手[0回]


ロボとーちゃんつぶやき ※ネタバレ

見ました。あー・・・良かった。三回くらい泣いた。

最初は、「家では肩身の狭いお父さんがロボット化して家事育児仕事をパワフルにこなせるようになったけど、結局、頼りなくても元の人間のお父さんが一番だったんだよ、で人間に戻る話かな?」

って思ったんですよね。

えっ頭部取れるの?大丈夫?まあギャグだし・・・
とか違和感感じつつ見ていて。
途中で体をなんか、あの、熱い・・・鉄とか溶かす機械に入れられて(名前知らない)
しんのすけがロボとーちゃんの頭部だけ必死に抱えて逃げていたじゃないですか。

あれ、しんちゃんじゃなかったらもう完全に「死んだ父親の頭部を、まだ生き返ると信じて抱えて逃げる幼い子」なので、もう、胸がきゅってなったんですが。

ルンバに差し込んで復活したとき、ああ、まだひろしさん生きられるんだなーなんか、本体は別にあって意識だけ頭部になんか電波みたいなので通信してるのかなーって思って。

そこで本体(人間のひろしさん)が出てきた。
よしよし。これで本体が自由になればロボットの方の意識が途切れてめでたしかなと思えば。

ロボットも人間の方もひろしだと言う。

そこから、ロボットの方に辛い展開が待ってるんですが。

「野原ひろしの記憶をコピーして作られたロボットが、自我を持ってひろしの家族と一緒に暮らし、家族を愛し、家族を助け、守った。自分も自分を野原ひろしだと信じていた。けれどロボットはただのロボットだった」

その事実を受け入れなくちゃいけない、ロボとーちゃんの心を思うとぶわっと涙が出まして。
ロボとーちゃんあんなに必死に息子と友達を守ったじゃん・・・ひろしそのものじゃん・・・

泣いてたら後ろからうちの主人が「あーこれ、大昔からよくあるテーマだね。銀河鉄道999の時から。どうせ最後は『家族を任せた』って言って敵を倒すために爆発オチなんだよ。筋読めた読めた」ってしたり顔で笑っていましたがちょい待て最後まで見ようやって見てて。

いや、やっぱりそういうどこかで見た終わり方はしていませんでしたね。いいラストだった。

戦いのこぶしウェーブは笑えましたね。なんか、戦いの所はもう、細かいこと抜きで面白くて。

最後。腕相撲・・・ロボとーちゃんが手を抜いてひろしに圧勝することもなく。正々堂々勝負して。
しんちゃんが「ロボとーちゃん!がんばれ!」「とーちゃん!がんばれ!」って、どっちのとーちゃんも応援して。
でも、みさえさんの「あなた!頑張って!!」は人間の野原ひろしに向けたもので。

そうして、野原ひろしが勝って、ロボとーちゃんはしんちゃんとお別れをして機能停止する。
頭を撫でた手の形のまま動きを永遠に止めるのが悲しいです。

ロボットでも確かに心を持っていた。
またここでぼろ泣きでした。

娘は、しんちゃんたちが鉄骨から落ちそうだった所で助けに来たロボとーちゃんに「かっこいい!ヒーローみたい!」と目を輝かせ、

ヒゲをつけたロボとーちゃんが豹変してちゃぶ台返しをしたとき、恐怖に怯えて、「いや!ロボとーちゃん!いや!」って泣き叫んで、

「あのヒゲを取れば優しいロボとーちゃんに戻るよ、たぶん」と言うと、「しんちゃん頑張れ!みんな頑張れ!」応援し、

ヒゲ取ったのに様子がおかしくなった挙げ句、敵に腹部を踏み抜かれて血のようなオイルが出て死んだように見えたロボとーちゃんを見て「いやああああ」と絶叫し、

溶鉱炉(名前思い出した)にくべられたロボとーちゃんの体を見て「ロボとーちゃーん!」って泣いてました。

トラウマだったかもな。ごめんな。

でも、こぶしウェーブではめっちゃ笑ってましたし、最後腕相撲してしんちゃんを撫でて機能停止したロボとーちゃんのシーンはまだよくわかってなくて、画面の下を流れる名前を見て「ロボとーちゃん終わったの?」とはてなを浮かべていました。

大きくなったら、あ、これ昔見たな、ぼんやり覚えてるなって思いながら見てほしいです。

私もヘンダーランド、印象的なシーンだけ覚えてるなあ。サーカスのテントの影、静かな所で、くるくる回るオルゴールの人形をしんちゃんが眺めてるシーンと、一緒にお風呂に入ってたとーちゃんかーちゃんが襲いかかってくるシーン。実は敵の人形でしたって所。

子供は、安心できる人だと思っていた保護者が豹変して襲いかかってきたら怖いんだなあ・・・

娘はアニメで時々しかしんちゃん見ていないから、あんまりひろし=しんのすけのお父さんって認識がなかったのかな?ずーっとロボとーちゃんロボとーちゃん!って、「ロボとーちゃん」ってキャラを好きになっていましたね。娘は「ヒーローみたいでかっこいいロボとーちゃん」が突然怖くなったりひどい目に遭うのがとてもショックだったらしいですね。

ヒーローが敵を倒してみんなニコニコめでたしじゃない映画ってのは初めてだったかな。

今度優しいロボとーちゃんの絵を描いてあげようかなって思います。

拍手[0回]


カッパード



娘にねだられて最近はプリキュアばっかり描いてます。
今のスタートゥインクルプリキュアは私が子供の時に見ていたアニメっぽくてなんか落ち着きます。
(愉快な敵役、ほーっほっほって笑うキャラ、ツインテールの主人公、テーマが宇宙)

カッパードめっちゃいいキャラです。

拍手[0回]